就業時間に比例する悩みとは

看護師など、医療の仕事に関わる女性の悩みで多いものとは何なのでしょうか。看護師になったばかりの当初は、仕事の多忙さや専門的な技能の活用についていく事ができないなど、業務の遂行に関わるものが大部分を占めるようです。しかし、こうした問題は業務に対する慣れが解決してくれる事が多いため、就業時間に比例して減ってくるのが通例と言えます。

それとは逆に、就業時間に比例して大きくなってくる悩みと言うものもあります。それは、人間関係における悩みです。職場における人間関係は大抵の場合、就業時間の経過とともに良好になるか悪化するかの二極化の傾向を示します。看護師の場合は、職場での人間関係がより悪化しやすい傾向が見受けられるようです。その理由は、まず第一に男性よりも女性の比率が圧倒的に高いと言う点にあります。女性は男性と比較して発話する単語の数が多く、会話によって人間関係を損なう可能性が高いのです。その他、人間関係が限られる閉鎖的な職場環境である点も、就業時間に比例して人間関係が悪化してしまう要因です。人は閉じた環境ではどうしてもグループ化などによって関係が固化し、別のグループに対して排他的になってしまう性質があります。

学校のクラス替えや企業の配置転換は、そうした人間関係の固化を防ぐと言った目的がありますが、看護師の場合はそうはいきません。看護師の仕事においては働く時間が多ければ多いほど、人間関係を損なう可能性がある事をしっかりと把握して臨むようにしましょう。
ですが、その他にも看護師として働く上での悩みは尽きませんよね。そんな時は、看護師の悩みに関する対策が《お仕事カウンセラー》にいくつか紹介されていますので、参考にしてみると良いでしょう。